食べて、見て、遊んで。 浅草はワクワクする街

浅草のシンボル的存在・雷門は、駅を出て浅草通りを進むと、すぐ右手にある。
浅草寺の総門である雷門は、いったんは慶応元年に焼失したが、故松下幸之助氏により、昭和35年に再建された。
真ん中に下がる大提灯は、重さ13kg。
右には風神、左には雷神の像があり、正式名称は風雷神門という。
門をくぐると、そこからの通りが仲見世だ。
豆菓子、煎餅、人形焼きなど、下町ならではの味が楽しめる店力`たくさんある。
目立って多いのは、江戸趣味の店。
和傘、かんざし、江戸玩具の店などを見ると、江戸時代にもこういう店があったんだろうなと、時代劇でし知らない当時の浅草を思い描いてみたくなる。
店頭に和服やはんてん、おもちゃの刀を/ぶらさげている店もあり、外国人観光客にも人気のスポットだ。
市、ガサ市、羽子板市など縁日や祭りも数多い。
浅草寺のすぐ裏には浅草神社があり、5月の三社祭はあまりにも有名だ。
浅草寺の隣には、日本最古のローラーコースターがある遊園地・花やしき。
ガタゴト音をたてて走るコースターは、スピードや規模では最新のものにかなわないが、住宅のすぐ横を走り抜けるスリルはなかなかのもの。
狭い敷地ながらも、乗り物やアトラクションは充実している。
花やし吉を出たら、JBAウィンス浅草を回り込むようにして六区映画街へ。
この通り沿いの、のぼり力`はためく蔵屋敷風建物が浅草演芸ホール。
340席の大ホールで、落語、漫才、名人芸などが楽しめる。
浅草口ENK I館を左に折れ、「うますぎて申し訳ないス」のキャッチフレーズを掲げる洋食のヨシカミ前を通って、ロックフラワーロードと伝法院通りがぶつかるところを右に行くと、石畳の新仲見世通りに出る。
そこを左に行くと、オレンジ通りとぶつかる場所に和菓子の舟和本店がある。
オレンジ通りを左に折れれば伝法院通りに戻り、浅草公会堂がある。
ここの前庭のスターの広場には、大衆芸能で活躍した1凹人の歴代スターの手形とサインが敷きつめられている。
舟和からオレンジ通りを右に折れ、ケーキが美味しい喫茶店アンヂェラスの手前の道を左に曲がると、最初に通った仲見世に戻る。

 

■中華街よりも風俗がおいしい街
横浜はデリヘルが盛んな都市です。
横浜デリヘル

 

■大阪の風俗情報
大阪の風俗は盛り上がってます!
大阪風俗

Comments are closed.